最良の神社挙式を挙げるために|場所選びのコツをチェック

信頼できる内容の見積り

口コミサイトで情報検索

新郎新婦

神社で挙式を挙げる神社挙式の場合、神社と直接交渉に入るか、ブライダルプロデュースを行っている会社を通して契約するか、迷うところです。
基本的に契約内容やプランによって、一般人が直接交渉をするよりも、プロデュースを行う企業に依頼したほうがいいといわれています。
もちろん神社挙式であっても信頼があり、費用も予算に見合ったところであれば直接依頼したほうがいいでしょう。
しかし、プロデュース会社を利用することによって、挙式だけでなく写真撮影や披露宴の費用も割安となりやすいです。
業者の選び方としてあげられているのは、信頼性が高く、口コミサイトで情報を得られるところの人気が高いといえます。
特に口コミサイトでプロデュースがしっかりしていると書かれている場合には、安心して依頼しやすい所でしょう。
インターネット上で実際に挙式した人の意見を参考にすることで、安心感や信頼性の高い口コミを得られます。
複数の業者に神社挙式について相談し、事前に見積りをもらって比較し、内容に満足できるところと契約してください。
安心して契約する為には、1つの会社で満足して契約せずに複数社に相談する事が、納得できる式場を選ぶポイントといえます。
なお、神社によっては神社挙式希望者に業者を紹介することもある為、どうしても見つからない場合は相談してみましょう。
ただし、相談する時には事前に見積りをもらうと料金やサービス内容を見比べやすくなる為、必ず見積りをもらって下さい。

多数のメリットがある

花嫁

結婚式のスタイルも年々様々となっており、それぞれのカップルが個性溢れる式になるよう工夫しています。
キリスト教式や人前式の割合が高い傾向にはありますが、近年見直されつつあるのが日本古来の和婚です。
和婚には寺で行う仏前式や神社で行う神前式があり、神前式の割合の方が高い傾向にあります。
昔の日本では神前式、すなわち神社挙式を行うことが多かったものです。
最近ではホテルなどの挙式でも神前式を選ぶことができるケースもありますが、ここでおすすめしたいのは昔ながらのスタイルで行う、神社での本格的な神社挙式です。
ホテルと神社での挙式の大きな違いは、やはりその神聖さにあります。
神社には神が祀られており、日頃より神主による祈祷が行われています。
神社挙式だけで終わりではなく、その後子どもが生まれたり、成長するにつれての行事などもその神社で行い、家族の歴史を重ねていくことができるのも大きなメリットです。
これがホテルでの神前式にはない特徴でしょう。
その他にも、費用面でも神社挙式にはメリットがあります。
ホテルでの式よりも神社挙式は費用が安くあがることが多く、神社挙式自体は十数万円から執り行うことができる場合もあります。
その後の披露宴は別会場であったり、神社併設の披露宴会場があることもあります。
以上のような点から、昔ながらの式が人気を復活させています。
日本人らしい厳粛な雰囲気での神社挙式は、一生の思い出となることでしょう。

人とは違う挙式

会場

現在の挙式のスタイルは、ドレスを着て行う教会式が一般的です。
しかし一方で神前式の神社挙式も見直されて人気が出てきています。
神社挙式は、教会式に比べ少ないので憧れてはいるもののその費用はわかりづらいものです。
具体的にはどのように神社挙式を行っているのでしょうか。
 一つの目安になりますが、一般的な神殿で参列可能な人数は30名〜50名です。
両家で30名といいますと両親や兄弟など近しい親族が中心になります。
これ以上の人数は挙式会場に入れないことがありますので、大人数に挙式を見守ってもらいたい場合にはキリスト教式を選ばれるとよいかもしれません。
神社挙式は、衣装とメイクと挙式代だけですと10万円程度で受け付けてもらえます。
神社の中には、その神社で婚礼を行う新婦にだけ貸す特別な白無垢や打掛があります。
これはその神社が長年管理してきた伝統的な衣装で大変貴重なものです。
披露宴も合わせて行う場合には30名で90万円程(初穂料別)からできます。
費用が大きく変動する項目としては、花嫁行列の際の雅楽の生演奏、巫女の舞、会食の内容があります。
 神社では10名程度の家族だけで行う少人数プランもたいてい設定されています。
その場合は神社挙式と会食がついて10名で50万円程度です。
またさまざまな事情で親族を呼ばない場合でも、新郎新婦の二人だけで挙式をとりおこなうこともできます。
神社挙式では披露宴の会場代はかからないことが多いです。
神社の挙式プランには写真関係の費用は含まれていないことが多いので、必要な場合には自分で手配しましょう。