最良の神社挙式を挙げるために|場所選びのコツをチェック

数々の結婚式場

異なる点と魅力について

神前式

現代では様々な式場があるため、自分達の好みやこだわりから、選ぶことができます。
挙式スタイルを大きく分けると、和風と洋風があり、和風であれば神社挙式、洋風であれば教会挙式が一般的です。
これから結婚式を挙げる場合、この2つの異なる点は何か、理解しておきたい人も多いでしょう。
神社挙式は、その名の通り神社で挙げる結婚式になります。
服装は、女性であれば白無垢、男性は羽織袴などの着物が基本です。
三々九度や、玉串拝礼などの儀式が行われるのも、神社挙式の特色と言えるでしょう。
神社挙式は、日本の伝統的な挙式スタイルであり、厳かな雰囲気の中で執り行なうことができます。
そして教会挙式は、教会で行われる結婚式であり、女性はウェディングドレス、男性はタキシードを着用します。
教会挙式の大きな特色は、父親と一緒にバージンロードを歩いて入場する事でしょう。
他にも、式が終わった後に、新郎新婦に向けて花びらを注ぐフラワーシャワー、また、ブーケトスも人気の定番イベントとなっています。
教会での挙式は、女性が1度は夢見るウェディングドレスを着ることができ、神聖な雰囲気の中で、式を挙げることができるのです。
このように、神社挙式と教会挙式は特色が大きく異なっています。
しかし、どちらにも良さがあるため、なかなか選べないと言う人も多いでしょう。
式場によっては、ブライダルフェアや見学会、無料試食会などを行なっていますので、雰囲気などを確認してから、選ぶことができます。

神社を探す基準

男女

東京で和服を着用して挙式したい夫婦であれば、神社挙式を行います。
神社は場所によって学業に強い場所や子宝に恵まれるとされる場所がありますので、夫婦の未来にとって相応しい結婚式場を探しましょう。
また参列者の皆さんに粗相のない結婚式を開催するためにも、神社挙式をしなれている場所を選ぶことが大切です。
特に考えたいのが神殿の規模です。
ホテルで挙式することが一般化している日本人にとって、挙式は多くの参列者が見守る中で執り行うセレモニーです。
しかし神社の中には神殿の規模が小さく親族しか参列できない場所もあります。
こうした場所で神社挙式をする際は、友人や会社関係者は披露宴から招くようにしましょう。
もちろん中には大規模な神殿の神社もありますので、全ての参列者に挙式を見てもらいたい場合はこちらを選択します。
一口に神社挙式と言っても中にはウェディングドレスやワンピースを着用できる場所もあります。
夫婦の好みに応じて選びましょう。
また神社挙式を行う時に重要になるのが披露宴会場です。
和風にこだわらない夫婦であれば神社周辺のレストランを披露宴会場にできますが、和装で来ている参列者のためにもできるだけ会席料理の出る料亭などを選ぶと良いでしょう。
この場合、挙式場所からあまり歩かずに済む披露宴会場にしましょう。
中には古い邸宅を改造して披露宴会場にしている神社もありますので、挙式場所とセットで「場」が整っている結婚式場を探した方が安心です。

披露宴は基本的に自由

神社仏閣

結婚式には挙式後に行う披露宴がつきもので、場合によっては二次会を開くのも珍しくありません。
神社挙式でも披露宴を開くのが一般的ですが、神社ならではの事情からホテルや式場での結婚式とは異なる面も出てきます。
披露宴はあくまでも親しい人に向けたお披露目の場なので、内容について決まりはありません。
神社挙式でも同様で、場所はもちろん和風でも洋風でもスタイルは各自の自由です。
ただ数ある式の中からわざわざ神社挙式を選ぶカップルは和の文化にこだわりを持っている事が多いので、披露宴も和の要素を取り入れた演出が定番です。
会場については神社に披露宴を行える会場があれば、移動も楽ですし料金的にも挙式とセット利用で安くしてくれる場合が殆どなので利用するのが便利です。
会場が無い場合には、近くで会場として借りれる場所を探す必要があります。
食事も出すのでレストランや料亭、旅館が適当でしょう。
披露宴ではお色直しが定番なので、ヘアメイクや着付けをするスタッフを呼ぶ必要があります。
神社によっては会場が無くても提携している料亭があったり、ブライダル会社を利用していた場合には代わりに手配してくれるので、確認してみてください。
服装については先述のように特に決まりが無いので、洋装でも構いません。
ウエディングドレスに憧れを持っている女性も多いので、神社挙式の披露宴でウエディングドレスを着用する人も少なくありません。
大抵は披露宴の最初は和装で、途中でドレスにお色直しというパターンになっています。
因みに和装でも披露宴では色打掛や振袖など、派手な色味の華やかな着物を着用するのが主流です。
招待客は一般的な結婚式のマナーに準じた服装をすれば問題ありませんが、会場が料亭などの場合靴を脱いで畳の部屋で会食というケースもあり得ます。
どんなに着飾っていても靴下やストッキングに穴が開いていたのでは元も子もないので、良く注意しましょう。