最良の神社挙式を挙げるために|場所選びのコツをチェック

神社での挙式準備

友人も招くことができます

新郎新婦

神社で挙式を挙げる場合には、教会での挙式と異なる準備が必要になる。
神社挙式では、どの神社で挙式を挙げるかを決め、その神社に申し込みを行う必要がある。
個人で手配を行う場合には、実際に神社に行き申込み用紙に記入することなどで申込みできる。
また、ウェディングプラン会社を介して申し込みを行うこともでき、これらの業者に申し込みを行うことで神社への申し込みも行ってもらえる。
神社挙式では、人気の神社では申し込みをする人が多く、予約を取り辛いということがある。
その為、神社挙式を行いたい場合で神社に希望がある場合には、余裕をもって申し込みを行うことがポイントになる。
また、白無垢など和装の準備も必要になる。
神社挙式では、通常は和装での挙式が行われる。
これらの衣装についても、神社挙式用の衣装を用意しておくことや、メイクの手配をしておくことが必要になる。
神社の場所によっては、衣装屋の店舗が無い場合もある。
そのような際には、出張でのメイクや着付けを行ってもらうように申し込みを行っておくことがある。
衣裳についても、挙式が重なる日では予約が埋まり、希望の衣装を確保できないケースがあるため、早めの手配が重要になる。
神社挙式では、挙式に関し初穂料を収めることになる。
この額は神社によって異なっているため予め金額を確認し、準備しておく必要もある。
神社挙式では、教会での挙式と異なる準備があるため、事前に確認して進めることが良い。

披露宴会場を持った神社

ハート

神社挙式は厳かな雰囲気の中で、挙式ができるということで若いカップルにも人気が出ています。
以前は、家族や親しい親戚しか参列できませんでしたが、現在は友人も参列できるところも増えてきました。
といっても、今の日本での挙式は結婚式会場で行うのが主流ですし、神社挙式に招待されたら、ゲストは何を着ていいのか疑問に思うのも確かです。
神社挙式では和装にしなければならないという決まりはありませんが、新郎新婦は雰囲気に合わせて和装にすることが多いです。
新婦であれば、格の高い白無垢を着ることが多いですが、華やかで現代的にアレンジがしやすい色打掛にも人気が集まっています。
新郎は、羽織袴になります。
黒色を使ったものが主流ですが、新婦に合わせて白色やグレーにすることもあります。
中にはウェディングドレスを着たいという新郎新婦もいますし、特に禁止はされていません。
ただ、神社内を歩き回ることになりますし、儀式も行うので、やりやすい服装を選ぶことが大切です。
新郎新婦の両親も、和装を選ぶことが多いです。
もともと結婚式会場で行う挙式の際にも和装が選ばれることも多いので、神社挙式では雰囲気に合わせてほとんどの両親が和装をしています。
新郎新婦と同年代である友人であれば、整った服をしていれば問題ではありません。
ただ、肌の露出は少なめにすることが大切です。
また、神社という場所なので、殺生をイメージさせるようなヘビ革やワニ革を使ったものを身につけるのは控えます。

最近はやりの和婚の究極のスタイルが現実の神社で結婚式を行う神社挙式です。
多くの女性が憧れる神社での挙式ですが、たくさんの人を呼んで開催するようなものではないだけに、参加した経験を持つ人も多くありません。
そのため、実際に神社挙式を行う場合にはどのように行えばいいのかわからないという人も多くいます。
特に多くの人が疑問に思うのが、実際の段取りと神社選びです。
神社挙式と言っても、ホテルや結婚式場で挙式を行う場合と大きく異なるわけではありません。
通常の結婚式と同じように日程や会場を決めて、衣装やヘアメイクのリハーサルを行い、挙式や披露宴の打ち合わせをして当日を迎えるという流れです。
神社挙式の場合には、ホテルなどと違って神社と披露宴会場の両方を決めなければならないこと、それぞれの流れを打ち合わせる必要があることに注意しなければなりません。
神社挙式を行っている多くの神社は、披露宴となる会場を持っている場合が多いので、こだわりのある神社がないのであれば、移動が楽な披露宴を持った神社を選ぶことが大切です。
神社と関係のないレストランなどを披露宴会場にしてしまうと、参列者の方々にも移動してもらわなければなりませんし、衣装直しなど新郎新婦の移動も大変になります。
ウエディングプランナーの多くは、神社挙式のコーディネイトも行っていますので、的確な希望を伝えることができれば、満足のいく挙式をすることができるはずです。